【受付終了】2019年3月8日(金)まで 

Ego Art and Entertainment Gallery(エゴ アート&エンターテイメント・ギャラリー) では、以下の要領にて公募展を開催します。

応募要領
公募内容 本物の鹿の頭骨に対し、自由に装飾やペイントを施してください。
締め切り

 3月8日(金)までに参加希望の旨をご一報ください

展示期間

2019年4月4日(木)~4月22日(月)

応募資格 *画家、装飾アーティスト、タトゥーアーティスト、ネイルアーティストなど
*プロ/アマチュアは問いませんが、過去の作品審査はあります
応募規定 *応募作品は第三者の著作権、肖像権等の権利を侵害していないこと。
*選考された作品の写真をウェブサイトやSNS、パンフレット、その他宣伝広告物に掲載させていただきますが、掲載にあたって掲載料はお支払い致しません。
費用/作業分担 頭骨は「作家さんご自身で準備(購入・入手)し、作品を制作する方式」と「当社から無償提供し、販売後にレベニューをシェアする方式」があります。詳しくは以下。

1. 鹿の頭骨をご自身で準備する方式(受付中)
*メルカリやヤフオクなどでご購入いただけます。
*作品の販売手数料はいただきません。販売金額をそのまま展示期間終了後にお振込みさせて頂きます。(振込み手数料は当館で負担します)
*作品の値付けは出展者に行っていただきます。
*期間中に作品が売れなかった場合は着払いで返送させていただきます。
*作品の所有権は作家さんにあります。

 

2. 鹿の頭骨を当社で準備する場合(受付は終了しました)
*販売時、作品販売額の50%を手数料として頂戴し、差額をお振込みさせていただきます。(振込み手数料は当館で負担します)
*作品の値付けは当館で行います。
*期間中に作品が売れなかった場合は、猟師工房(埼玉県飯能市白子498)で展示販売させていただきます。
*作品の所有権は当社にあります。

3. 共通項目
*出展料は無料です。
*作品の制作費、発送費用は出展者の負担となります。
*作品は以下の着指定で発送お願いします。
「3月31日(日)の9時~15時」
*設営、撤収作業、購入者への発送(着払い)、包装、代金の受け取りは当館で代行いたします。

応募方法 お問い合わせフォームより「アートな鹿のトロフィー展」と記入の上、応募ください。
賞金 最優秀賞(1作品):3万円 (来場者による投票で決まります)
主催 株式会社ベモーレ(ego – Art and Entertainment Gallery)
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町4-7-5
備考 *色々な作家の作品を展示します。

大半が捨てられる鹿の頭骨をアートの力でより次元・価値の高い作品に生まれ変わらせることを目的としています。

作家さんの魂を吹き込まれたような作品の応募をお待ちしております。

【参加予定アーチスト】

<方式1>

(1)あとねなおこ(グラフィックデザイナー)

(2)毛利田有人(イラストレーター)

(3)大木みどり(アーティスト)
(4)池田雅子(ボタニカルアーティスト)
(5)高橋杏里(イラストレーター)
(6)深澤雄太(油彩画家)
東京藝術大学の現役学生
(7)榎本 知也(猟師)
千葉県在住のサラリーマン・ハンター。 社命で毎月1週間の北海道への出張。その前後の土日休みを利用し、蝦夷鹿の狩猟と有害獣駆除を行なっている。趣味でアートの制作活動も行う。
(8)岡本梨奈(アクセサリーアーチスト)
“hai”というブランドのもと、滋賀を拠点にアクセサリーやアート作品を制作。
(9)石渡美香(画家)
(10)小村バン
北海道在住の会社員。趣味で鹿の角で指輪やピアス、カラスのはく製などを制作している。

(11)村上里沙(日本画家)

<方式2>
(1)橋本仁(現代美術作家)
(2)chiki(アーチスト)
(3)けみ芥見(芸術家)
(4)榊原美土里(イラストレーター)
(5)竹内幸子(油彩画家)
人の顔をモチーフに抽象画を描く画家。二科会。
(6)渡邊恵子(油彩画家)
歌舞伎を題材に油彩で表現する画家。二科会。
(7)奈須一葉(アーチスト)
(8)Ryo Shimizu(映像作家)
(9)sui:ti スイティ(手芸家)
(10)ivokuma(イラストレーター)
(11)micco(グラフィックデザイナー)
(12)真鍋麻里(イラストレーター)
(13)佐藤香倫
(14)Rin (アーティスト)

<鹿の角を使った生け花をライブ>(4月17日 開催予定)
(1)粕谷尚弘(華道家)

ego – Art & Entertainment Gallery © 2018